pv4t3b0nv34nu のすべての投稿

信用情報はキャッシングの大切な基準

信用情報はキャッシングの大切な基準
信用情報は、キャッシングをするための大切な基準になっています。
信用情報というのは、これからお金を借りる人の借金の情報のことを言います。
実は、消費者金融に限らずお金を融資する金融機関というのは消費者の債務の情報を自由に閲覧することが出来るようになっているのです。
金融機関同士で借金の情報を共有していて、専門の機関にその旨を伝えるとその情報をすぐに見ることが出来るわけです。
これは何も借金に関する情報だけではありません。
どの金融機関で融資の相談をしたのかも簡単にチェックできるようになっています。
例えば、ある金融機関で融資の相談をしたときには、いつどのようなときに相談したのかが信用情報に記載されることになります。
ですので、別の金融機関でお金を借りるときにはこの情報に関して質問がされることになりますので、きちんとした回答を用意しておかなくてはいけません。
消費者金融はこの信用情報をキャッシングの重要な審査基準として採用しているのです。

キャッシングの利用で海外旅行

キャッシングの利用で海外旅行
友人と海外旅行に行く計画があったのですが、恥ずかしいことに給料だけでは海外旅行に行くには心もとない状態でした。
ですが、友人にお金を借りるのも恥ずかしかったので、どうしような迷っていたときにキャッシングを利用することにしました。
キャッシングを利用するときには、出来るだけ信頼の置けるような会社で利用しようと考えていたので、インターネットで検索して有名な会社を利用するようにしました。
あまりお金を借り過ぎても、返済自体に困ってしまうことになると思ったので、海外旅行分だけ借りるようにして余計なお金は借りないように心掛けました。
実際にキャッシングを利用してお金を借りたのですが、思ったよりも簡単に借りることが出来たので、手間も掛からずに良かったです。
これからも、何かお金が必要なときには出来るだけキャッシングを借りるようにして、無理なく返済出来る範囲で利用して、計画的にキャッシングを利用して行くつもりです。

消費者金融を利用した理由について

消費者金融を利用した理由について
私は以前に消費者金融を利用した経験があります。
その時に消費者金融のキャッシングを利用してお金を借りる事が出来なかったら私はどうなっていたかも分からなかった程、当時の私に降りかかった状況は逼迫していました。
今回はその時の私が起こした事故と事故の賠償金の為に消費者金融を利用した時の事についてこちらでお話しをさせていただきます。
私は当時大学2年生でまだ20歳だった時でした。
その日私は雪が降って滑りやすくなっている道を時速30kmで原付オートバイで走っていました。
そしてカーブで曲がる時にスリップし、私の原付オートバイは転倒した勢いで電器店の店先に突っ込んでしまったのです。
電器店のガラスと展示品は粉々に壊れました。
私は電器店の店主からガラスと展示品の弁償代合わせて40万円を請求されたのです。
弁償代を請求されて翌日にすぐ私は消費者金融3店舗を回り、3社から合わせて45万円のお金をキャッシングして借りたのです。
当時実績が消費者金融にまだ無かった私は初回の融資で40万円を借りる事が出来ず、3社別の会社からキャッシングしてお金を借りて被害者の電器店に弁償代を支払ったのでした。

私の消費者金融の利用体験について

私の消費者金融の利用体験について
私は以前から頻繁にギャンブルをしていました。
そして、一度パチンコや競馬などをやると勝つまでやらないと気が済まないという事が多かったせいで、私はよくギャンブルに使うお金を消費者金融から借金をしてまで調達していました。
しかも、最近はその頻度が以前よりもさらに多くなっています。
それはどうしてかというと、最近の消費者金融はどこも経営が厳しい所が多いようで必死に顧客を獲得しようとして利息を引き下げてまでお金を借りてもらおうという業者が増えています。
ですから、私は以前から消費者金融からギャンブルのためにお金を借りていたのですが、最近は上記の事もあってさらに消費者金融からお金を借りる回数が増えました。
やはり以前よりも安い金利でお金を借りれると思うとついついギャンブルにも熱が入ってしまい、ますますギャンブルにハマッていました。
でも最近の消費者金融はお得な金利でお金を貸してくれるので私は結構助かっています。

保険の見直しで節約をする_2

保険の見直しで節約をする
現在会社の業績がよくないので、残業はいっさい行っておらず、休日も増えており収入が減っています。
今後もしばらくは収入アップが見込めないので、節約を意識した生活をしています。
家計簿をつけてどんなことに支出が多いのか調べてみると、負担の大きいのが保険であるとわかりました。
保険は生命保険や医療保険、自動車保険や火災保険など複数の種類に加入しているので、負担が大きいのはわかりますが、本当に適正な保険料なのか見直してみました。
自動車保険は毎年更新を迎えるので、更新時期には通販型の保険に変更して保険料を下げることに成功しました。
生命保険については、正直細かい保障内容を把握しておらず、まずは内容をじっくりと確認しました。
特約でいろんな保障をつけてあったのですが、不要に感じるものははずして保険料を下げることに成功しました。
保険は内容が難しいので、一度加入するとずっとそのままで良いと感じてしまいますが、定期的に見直しをしたほうが良いと感じました。

ズボラ専業主婦の貯金の仕方

私は、2人の子供を持つ専業主婦です。
専業主婦という事で、時間だけはたっぷりありますが、毎月の生活費は、いつもギリギリ・・・。

そんな、私はいつも「どうしたら、貯金できるか?」とばかり考えています。
例えば、食費などの生活費!これは、テレビで見た事を参考にし、1週間分を袋分けにして使っています。

しかし、根性のない私は、どうしてもそれでは足らない週が出てきます・・・。
そうすると、銀行に行っておろしてしまうのです・・・。

これでは、意味がないと思い先に必要なお金を計算し、あとは、全部給与振込とは別の銀行に貯金してしまう事にしました。
それも、その銀行は、家から少し離れた不便なところ。

そうすると、面倒な事が嫌いな私は、そこの銀行におろしに行く事が面倒で、毎月初めにおろしてきた金額で生活するようになったのです!それには、自分でもびっくりです!自然と今まで、買い物ついでにと買っていた必要性のない買い物を控えるようになり、そんなに大変な思いをすることなく、ムダ使いを減らし、自然と貯金ができる生活になりました!

我が家の目的別貯金の仕方

我が家の貯金の目標は、大きく分けて将来、老後用、車購入、教育資金、旅行と4つあります。
それぞれの貯金の用途を考えて定期預金にするか普通預金にするかを振り分けています。

まず、旅行は年に1度行く事が目標です!こらは、毎月の余ったお金から、少しずつ普通預金に貯金しています。
子供の教育資金。

この貯金を使うのは、大学入学時と決め、年に一度まとまったお金を定期預金にしています。
あと、車購入の為の貯金は、いつ主人が「車を買い替える!」と言っても良いように一応普通預金です。

できれば、定期預金にしたいのですが・・・。
そして、将来、老後用です。

これは、主にボーナスを貯金しています。
これは、いつ何があるかわからないので、今のところ、いつでもおろせるようにと普通預金です。

しかし、すぐにおろしてしまうようでは駄目なので、キャッシュカードを作っていません。
なので、お金をおろす際は、窓口に行かないといけないので、少し面倒なようにしてあります。

これが、我が家の貯金方法です!

クレジットカード払いでガソリン代を節約

田舎に暮らしていると、自動車が必須アイテムです。
我が家は主人と2人暮らしなのですが、それぞれ1台ずつ合計2台の車を保有しています。

主人の通勤距離が片道だいたい20キロなので、結構1か月のガソリン代がかかります。
それをどうにかして節約したくて、いつも行っているガソリンスタンドのクレジットカードを作りました。

1か月に利用したカードの金額に応じて、次の月のガソリン代が割り引かれると言うものです。
例えば1月に3万円使うと、2月はリッターあたり3円の値引きになります。

車の利用が多い人には結構な節約になるはずです。
せっかくカードを作ったので、なるべく得したいと思い、今まで銀行引き落としだった支払い関係の物や私のガソリン代など可能な限りクレジットカード払いにしています。

そうすると月に5万円から7万円ぐらいの利用額になり、かなり節約になっていると感じます。
ガソリンスタンドによって、クレジットカードの特典は違うと思うので、いろいろ調べてみて一番自分に合いそうなものを選んでみてはいかがでしょうか。

お金は使う為にありますが、無駄は良くないですね

お金を増やす時は、複利の力を使うと言いますが、家庭を持っている人には、複利をつけれるほどの資金をためることの方が難しいということが分かります。

人生は、お金じゃないというカッコイイ言葉は、お金をもっていないと、カッコ悪いにもほどがありますね。

複利の力とは、現金を元金に足して行き、最終目標の金額になると、使い始めるという基本的スタイルがあります。

スタイルが決まれば、どうしてもその方向に向かって行きます。

まずは、目標を決めることです。

目標は金額でもOKです。

今の年収を考えて、副収入を作ります。

副収入を増やすことから始めて、給料に手をつけないというところまで、持って行きましょう。

もちろん会社員なら、給料を上げる方向に持っていくようにします。

その他には、支出を減らしていくということです。

大きな支出を見直せば、年収を上げるよりも簡単に収支をプラスに持っていきましょう。

保険、車、携帯、ローン、食費など、無理をしないで支出を減らす努力をしていきましょう。

金の切れ目が縁の切れ目

「金の切れ目が縁の切れ目」

まさかそんなことはないだろうと思っているあなた。決して人事ではありません。

友人は他人が羨むほどの夫婦でした。しかしある事件をきっかけに、離婚寸前まで追い詰められました。

理由は「お金」でした。旦那さんの方は日々、仕事に励む営業マンでした。無駄遣いは多かったものの、人並みでした。

問題は奥さんにありました。奥さんは巷で言う「セレブ」に憧れており、旦那さんの収入以上の生活を日々、望むようになっていきました。というのも、奥さんの友人には医者や弁護士などの奥さんが多く、自分もその中の一員であると錯覚していたようなのです。

そんな生活が続けばどうなるか。良い結果が出るわけもありません。

旦那さんの給料は全てカード会社の支払いに取られ、生活費がない状態の奥さんは新たにカードを切る。こんな自転車操業のような生活が数年間続いた挙句、いよいよ2人とも生活が危なくなり、なんと自己破産の道を選びました。

離婚はすんでのところでしなかったものの、2人の間には大きなしこりが残ることとなりました。

このように、お金は人の生活だけではなく、他人が羨むほどの夫婦関係ですら破壊してしまう恐ろしい物なのです。

たかがお金、されどお金。この考えを我々はもっと頭に入れておくべきではないでしょうか。